お肌へのメリット

}PgžxQユーカリには主にグロプルス、ラディアータ、シトリオドラ(レモンユーカリ)などの種類があり、それぞれに特徴があります。

ユーカリの精油として一般的に売られているのはグロプルス種です。抗菌や呼吸器系の炎症に良いとされていますが、刺激が強いので、乳幼児や肌の弱い人は使用することができません。ラディアータは、ユーカリの精油の中で、最も刺激が弱いため、肌の弱い人や乳幼児にも使うことができます。シトリオドラ(レモンユーカリ)はレモンのような香りのするユーカリで、鎮静作用があり、リラックスに効果的な精油です。また、虫よけとしても使われています。

グロプルスの方が、抗菌作用や去痰作用などの効果は高いですが、刺激が強いというのが欠点です。そのため、ラディアータの方が香りも穏やかで刺激が少ないため、お年寄りや子ども、お肌の弱い人まで幅広く使うことができます。

ユーカリラディアータは、脂性肌のケアにも用いられています。抗炎症作用があるので、脂性肌の膿を持つようなニキビのケアなどに効果的です。
また、頭皮のふけの予防に効果的で、頭皮の血流を刺激して余計な脂を落としてくれるため、シャンプーに加えて使用すると育毛効果が期待できます。

Comments are closed.