ユーカリ・シトリオドラとの違い

花06ユーカリ・ラディアータは、ユーカリ・グロブルスと似た成分で、ユーカリ特有のつんとする香りは少なめで、やや甘めの香りです。皮膚や粘膜に対して刺激の少ない品種なので、トリートメントに利用しやすいのが特徴です。また、比較的穏やかな香りなので子供からお年寄りまで幅広い年代の方に使えます。また、リフレッシュ効果が高く、気分をすっきりとさせ集中力を高める効果があります。ウイルスや痰を除去する効果があり、呼吸器系全般に有効です。

また、同じユーカリの精油で、ユーカリ・シトリオドラがありますが、こちらは名前の通りシトロネラールを多く含み、レモンに似た香りがするので、レモンユーカリと呼ばれることもあります。この精油はユーカリ特有の1.8シネオールをほとんど含んでいないのが特徴です。ユーカリ・グロブルスに比べると香りは穏やかで、抗菌性があると同時に、イライラしている心を落ち着かせる効果があります。また、虫が嫌う香りとしても有名で、虫よけやデオドラントとしても利用されています。

同じユーカリの精油でも、心理的に反対の効果をもつのがこの2つの精油の最大の違いといえます。これらの違いを理解したうえで、使い分けるといいでしょう。

Comments are closed.