ユーカリ・グロブルスとの違い

花05ユーカリには幾つかの種類があります。
ユーカリ・グロブルスは、一般的にユーカリ精油として売られているもので、抗菌や呼吸器系の炎症に効果があると言われています。
集中力を高める働きがあるとされています。
刺激が強い場合があるので、乳幼児には使用しないことをおすすめします。

また、数あるユーカリオイルの中で、最も刺激性が弱く、皮膚や粘膜に対しての刺激が少ない品種として知られているのが、ラディアータです。お肌の弱い方にも使用することができます。

この2つのユーカリの主な違いは、抗菌作用、去痰作用のある1,8シネオールの含有量がグロブルスの方が多いことです。ラディアータは、お子様やお年寄りの方も使用することができます。

また、シオリオドラと呼ばれているレモンユーカリは、レモンのような香りのするユーカリオイルで、違いとしては、鎮静作用にすぐれているということです。
心を高ぶらせる他のユーカリとは違い、心を落ち着かせるのに適しています。また、シトラールを多く含んでいるため、虫よけとしても効果を発揮します。
夏場などは、蚊の対策としても役立ちます。それぞれのユーカリのオイルの特性を知って、自分に合うオイルをチョイスしてくださいね。

Comments are closed.