Archive for the ‘未分類’ Category

ユーカリ・シトリオドラとの違い

花06ユーカリ・ラディアータは、ユーカリ・グロブルスと似た成分で、ユーカリ特有のつんとする香りは少なめで、やや甘めの香りです。皮膚や粘膜に対して刺激の少ない品種なので、トリートメントに利用しやすいのが特徴です。また、比較的穏やかな香りなので子供からお年寄りまで幅広い年代の方に使えます。また、リフレッシュ効果が高く、気分をすっきりとさせ集中力を高める効果があります。ウイルスや痰を除去する効果があり、呼吸器系全般に有効です。

また、同じユーカリの精油で、ユーカリ・シトリオドラがありますが、こちらは名前の通りシトロネラールを多く含み、レモンに似た香りがするので、レモンユーカリと呼ばれることもあります。この精油はユーカリ特有の1.8シネオールをほとんど含んでいないのが特徴です。ユーカリ・グロブルスに比べると香りは穏やかで、抗菌性があると同時に、イライラしている心を落ち着かせる効果があります。また、虫が嫌う香りとしても有名で、虫よけやデオドラントとしても利用されています。

同じユーカリの精油でも、心理的に反対の効果をもつのがこの2つの精油の最大の違いといえます。これらの違いを理解したうえで、使い分けるといいでしょう。

ユーカリ・グロブルスとの違い

花05ユーカリには幾つかの種類があります。
ユーカリ・グロブルスは、一般的にユーカリ精油として売られているもので、抗菌や呼吸器系の炎症に効果があると言われています。
集中力を高める働きがあるとされています。
刺激が強い場合があるので、乳幼児には使用しないことをおすすめします。

また、数あるユーカリオイルの中で、最も刺激性が弱く、皮膚や粘膜に対しての刺激が少ない品種として知られているのが、ラディアータです。お肌の弱い方にも使用することができます。

この2つのユーカリの主な違いは、抗菌作用、去痰作用のある1,8シネオールの含有量がグロブルスの方が多いことです。ラディアータは、お子様やお年寄りの方も使用することができます。

また、シオリオドラと呼ばれているレモンユーカリは、レモンのような香りのするユーカリオイルで、違いとしては、鎮静作用にすぐれているということです。
心を高ぶらせる他のユーカリとは違い、心を落ち着かせるのに適しています。また、シトラールを多く含んでいるため、虫よけとしても効果を発揮します。
夏場などは、蚊の対策としても役立ちます。それぞれのユーカリのオイルの特性を知って、自分に合うオイルをチョイスしてくださいね。

アロマ上級者向け、ブレンドのススメ

}PgžxQアロマの上級者の方にぜひおすすめなのが、ラベンダーとローズマリーのブレンドです。

そもそも、エッセンシャルオイルには、トップノート、ミドルノート、ベースノートと呼ばれているものがあり、トップノートは一番早く香るものをさします。約30分から1時間香りが持続します。

ミドルノートは、その次に香るもので、1時間から2時間ほど香りが持続します。
ラベンダーはトップノートの分類に属しています。
ローズマリーはミドルノートなので、ラベンダーの香りが先に香ることになります。
ラベンダーの特性である鎮静効果と、中枢神経にはたらきかけ、脳を活気づけることによってリフレッシュ効果を産む効果を合わせ持つオイルが完成するのです。
鎮静効果がしばらく続いたあと、リフレッシュ効果がやってきます。

香りを楽しむ時間帯をある程度計算しておけば、気分を落ち着かせて、リフレッシュする効果を期待できます。
時間の経過によって、香り、そして効能を変化させていくオイルは、まさに上級者向けにぴったりと言えるでしょう。
2つのオイルの量を変えてまぜることによって、幾つものパターンで香りを時間と共に楽しむことができますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

注意して欲しいこと

}PgžxQユーカリ・ラディアータとは、600種類くらいあるユーカリの中でも作用が穏やかなので、正しい使用法守れば、高齢者や子供への使用も可能だと言われています。
特にお風呂でアロマバスとして使うと、ユーカリの持つリラックス効果のある香りで、心身ともに癒されます。

また、乾燥肌対策としても、効果があるのです。
これは、高齢者や子供など、家族全員で楽しめるので、非常におすすめな使用法です。
しかし、ユーカリ・ラディアータの作用が穏やかであるからといって、注意が必要なこともあります。

それは、敏感肌の方や、妊娠初期の方の使用に関してです。
というのも、敏感肌の方は、使用することで、症状の悪化させてしま可能性があるので、かかりつけの皮膚科医に相談するのが良いでしょう。
そして、妊娠初期には、体の色々な部分が非常に敏感になっているため、妊娠前に使用されていた方でさえ、使用を控えるのが良いでしょう。

それは、赤ちゃんの宿っていることに体が慣れていないため、どの様な拒絶反応が起こるのか予測できないことや、悪阻を引き起こしてしまう可能性があるからです。
しかし、以上の2点を守れば、ユーカリ・ラディアータには、鼻づまりを抑える効果など、体への効用もあるので、ぜひ家庭で使用をおすすめしたいアロマオイルだと言えるでしょう。

基本の使用方法

}PgžxQ使い勝手のいい精油の一つ「ユーカリ・ラディアータ」は、一般的に親しまれているユーカリ・グロブルス種が刺激が強くシャープな香りがするのに比べると、柔らかくやや甘い香りがし成分的にも穏やかなのでお子様にも安心して使えます。

抗感染作用・免疫強化作用などがあり、呼吸器系全般や花粉症の症状にも有効です。
その他、トリートメントや入浴・芳香浴など色々な方法でも楽しめ、ホホバオイルなどのキャリアオイルで希釈することにより、アロママッサージオイルを作りマッサージをすることもできます。

清涼感のある精油なので、ルームフレグランスを作り部屋にスプレーしたり、外出時のマスクに1滴落とすだけでもスッキリ感が得られリフレッシュ効果があります。
またラディアータやグロブルズ種以外にも、ユーカリ特有の1.8シネオールをほとんど含まない「シトリオドラ種」がありますがこちらは、夏の日の虫除けなどによく利用されるようです。その日の気分と体調にあわせて使い分けるのもいいでしょう。
あとユーカリ精油はスキンケアなどに使用する際、肌の弱い人などは刺激を感じる場合があります。必ず原液では使わず、スキンケアに使う場合はバランスよく配合するようにしてください。

お肌へのメリット

}PgžxQユーカリには主にグロプルス、ラディアータ、シトリオドラ(レモンユーカリ)などの種類があり、それぞれに特徴があります。

ユーカリの精油として一般的に売られているのはグロプルス種です。抗菌や呼吸器系の炎症に良いとされていますが、刺激が強いので、乳幼児や肌の弱い人は使用することができません。ラディアータは、ユーカリの精油の中で、最も刺激が弱いため、肌の弱い人や乳幼児にも使うことができます。シトリオドラ(レモンユーカリ)はレモンのような香りのするユーカリで、鎮静作用があり、リラックスに効果的な精油です。また、虫よけとしても使われています。

グロプルスの方が、抗菌作用や去痰作用などの効果は高いですが、刺激が強いというのが欠点です。そのため、ラディアータの方が香りも穏やかで刺激が少ないため、お年寄りや子ども、お肌の弱い人まで幅広く使うことができます。

ユーカリラディアータは、脂性肌のケアにも用いられています。抗炎症作用があるので、脂性肌の膿を持つようなニキビのケアなどに効果的です。
また、頭皮のふけの予防に効果的で、頭皮の血流を刺激して余計な脂を落としてくれるため、シャンプーに加えて使用すると育毛効果が期待できます。

身体面へのメリット

}PgžxQユーカリ・ラディアータの精油の身体面へのメリットは、去痰作用、抗カタル作用、消毒作用や抗ウイルス作用がはたらき、呼吸器系全般に有効であることです。
例えば、風邪が流行する時期には、ユーカリ・ラディアータのエッセンシャル・オイルで芳香浴をすると、室内の空気を殺菌し、風邪の予防と緩和に役立つほか、咽頭炎、慢性気管支炎などにも効果があります。
また、花粉症の症状にも有効です。

鼻のつまりやノドの違和感を軽減するため、キャリアオイルに希釈して胸部や首、鼻の側面に塗布してマッサージをしたり、入浴時に数滴たらして使用します。

花粉症の症状が日常的につらい方は、ハンカチの隅にラディアータのオイルを1滴たらし、直接肌の触れないように嗅いだりすることで不快感を軽減する方法もあります。
ユーカリ・ラディアータは、ユーカリ・グロブルスに比べると抗菌作用・去痰作用のある1,8シネオールの含有量が少ないですが、数あるユーカリオイルの中でも最も刺激性が弱く、皮膚や粘膜に対して刺激の少ない品種のため、敏感肌の方に適しています。

また、一般に「ユーカリの香り」として知られるグロブルス種とよりもマイルドな香りが特徴なので、お子様やご高齢者などにも適した、リラクゼーション効果のあるエッセンシャル・オイルです。

精神面へのメリット

}PgžxQユーカリ・ラディアータの精油は、ユーカリの精油の中でも刺激が弱いため、お子様やお年寄りの方にも安心して使用することのできる精油です。
精神面が疲れているときや、不安を感じているときなどに効果を発揮します。

凝り固まった考え方をリフレッシュし、不安をとりのぞいて精神的に前向きになるサポートをしてくれます。ルームスプレレーとして使用することも可能です。
お部屋全体をすっきりさせたいときにもおすすめです。

また、入浴時にオイルを湯船にたらすことで、香りを楽しみながら、効能を実感することもできます。抗炎症作用があるので、膿みをもつようなニキビのケアにも使えます。お肌の悩みで気分が沈んでしまうようなときにも、おすすめです。

また、シャンプーに加えることによって、ふけの予防にもなり、余分な脂を落とすことによって頭皮を刺激し、頭がすっきりとします。育毛効果も期待できるので、気になる方は使用してみてはいかがでしょうか。
心身共にすっきりとすることで、お肌のトラブルや、消化器系のトラブルも改善、解消されていきます。風邪やインフルエンザ、鼻水や鼻づまりによる不快な気分も一新してくれます。すーっとする優しい香りを是非体験してみてくださいね。

精油の主な芳香成分と香りの特徴

}PgžxQユーカリ・ラディアータはシャープでほんのり甘いハーブ調の香りが特徴の精油です。不安な気持ちや精神的に疲れを感じている時に心に余裕を取り戻してくれたり、痰を切り鼻水や喉の詰まりを解消してくれたり、脂性肌のニキビケア、さらにフケ予防や育毛対策にも効果があります。
花粉症の症状の緩和にも有効で、ユーカリ・グロブルスに比べて穏やかに作用し、香りが柔らかいことから、ユーカリ・ラディアータの方を好んで使用することもあります。

ユーカリ・グロブルスにその成分は似ていますが、効用が穏やかなので子供やお年寄りなどにも使用できます。

ユーカリ・ラディアータには1,8-シネオール、リモネン、そして抗菌作用で有名なテルピネン-4-オールなどの芳香成分が含まれます。1,8-シネオールには喉などの粘膜の炎症を抑える作用、抗ウイルス作用、抗菌作用、去痰作用、免疫調整作用などがあります。ユーカリ・ラディアータはユーカリ・グロブルスに比べると、この1,8-シネオールの含有率が60%以上と少ないため、穏やかに作用します。

また、ユーカリ・ラディアータに含まれるリモネンにはリラックス効果、覚醒効果、ガンの予防および抑制効果、ダイエット効果、育毛促進・抜け毛予防効果、食欲増進効果などもあります。